全社員きものでの展示会を終えて

先日のブログでも宣言しました通り、http://fujiishibori.jp/diary/2012-02-23/
3月1日(木)、2日(金)の2日間、藤井絞の全社員が「きもの」でお客様をお迎えし、
接客するという展示会を致しました。
結果としましては、たいへん好評で、きものを着ることを意識する、良いきっかけになったのではないかと
思っております。

何名かのお得意先は、「ブログ見たので、私もきもので来ました!」とたいへん嬉しいお言葉をかけて下さったり、
「本当に宣言通りか確認しに来ました(笑)」などとおっしゃいます方も。
また、弊社の女性社員のきもの姿をご覧になって、「いつもと違うから、お客さんやと思った(笑)」などと、
おっしゃったり、主旨を説明すると「それは良いこと!」としきりに感心して下さいました。

2日間でしたが、お客様の反応がとても温かく、思い切って実施してよかったです。
新規も何軒かお見えで、弊社の姿勢や、取り組みなどは伝わったのではないかと思います。
逆に「きものでなくて、すいません」と恐縮される方も(笑)

少しずつでいいので、賛同される方、実践される方が増えてくると、この町や業界は変わってくるのではないかと
期待しています。
業界の人たちにとってきものを着ることは、何も特別なことではないと思います。
そのような感覚が芽生えてくると月初の展示会をはじめ、提唱されている5月29日(ごふくの日)や、
業界が昔から取り組んでいます、11月15日(きものの日)でのきもの着用率は、格段に上がってくるでしょう。
もちろん一般の方々は、いつでもどんどん着て、存分にきものを楽しんでいただきたいです。

本当にきものは楽しい!私はきものが大好きです。それは7,8年前に着はじめてから感じたことなのです。
もちろんこの仕事をしてなかったら、このような経験は出来てないですし、気付いてもいなかったと思います。
だから私はきものを大切に思っています。一生の仕事であることももちろんですが、生業以上にきものに
傾倒しています。

一人でも多くの方にきものの楽しみを知ってもらって、残していきたい。
その為には、業界がまず、きものを着て、感じて、楽しむことがはじまりだと思います。
様々なご批判、黙ってやったらとか、今更なにとか、あるのも承知しています。

一人でやるよりはたくさんの人で取り組むほうが、効果があるし、反響や反応が大きい。
そこに期待して発信しています。この1年ぐらいで、同じ志を持つたくさんの仲間が出来たことも大きいです。

きもの業界の方、みんなできものを着ましょう!きものを楽しみましょう!
自分で体験しないことは、伝わらないし、話せません。

一人でも多くの方が賛同し、実践していくことが活性化につながります!
その輪は、間違いなく、拡がりを見せることでしょう!

そんな業界になれば、もっと楽しく、もっとやりがいのある仕事になるのではないでしょうか。
賛同しております、5月29日(ごふくの日)にきものを着用する前に、次の4月2日(月)、3日(火)、
そして、5月1日(火)、2日(水)と、弊社は今月と同じ取り組みをしたいと思います。

全国の呉服店の皆様、月初、弊社へお越しの方は、是非きものでお願い致しますm(__)m

そのようになった会社、想像したら興奮しますね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>