2019年を振り返って

藤井絞、先日2019年のすべての業務を終了致しました。今年も1年、皆様方にはたいへんお世話になり、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。年末恒例の社長ブログ。ここ最近は、年始の年頭所感と、年末の振り返りの2つしか書いておらず、たいへん心苦しい限りですが、どうぞお付き合い下さいませ。

【変化を進化へ】をスローガンとして取り組んできた1年。元号が変わり、消費税が上がり、世間では大きな変化がありました。弊社も会長である父が3月末に引退し、4月からは新卒の社員が入社し、大きな節目の年となりました。今まで父に任せていた、慣れない経理や総務の業務をするようになりました。恥ずかしながら、わからないことがわからないこともあり、人に聞くことも多く、未だ手探りの毎日です。そのような中、なんとか合理化を図れたことも出てきて、以前より効率はアップしたと感じています。結果が同じ事は、出来るだけ時間や労力をかけたくありませんので、そこは来年以降も取り組んで行きたいと考えています。

【変化を進化へ】のスローガンでしたが、変化の波をしっかり捉えることが出来ず、結果、増税後の冷え込みを被った形になり、秋からあまり良くない流れでした。増税だけが要因ではないと思いますが、全体的に見て、きものを取り巻く環境が年々厳しくなっているなと感じています。

一例として、今年は浴衣商戦が厳しかったとあちこちで聞きました。弊社に関して言えば、仕入れシーズンに売れた反数は、例年とそんなに変わりありませんでした。しかし、お得意先様から消費者のお客様に売れた、いわゆる在庫が効率よく売れたというお話しは少なかったので、来年の浴衣商戦に一抹の不安があります。でもやるしかありませんので、来年もたくさんの新作をご用意しております。是非楽しみにお待ち下さいませ。

良かった話しとしましては、まず、昨年Instagramを始め、今は約2000名弱のフォロワーの皆様が応援して下さり、お問合せやご注文頂くようになりました。そして今年は、YouTube『藤井絞チャンネル』で動画を始めた事は進化でした。まだまだ更新頻度は低いですが、来年以降は皆様にもっとご覧頂けますよう、取り組みたいと思います。是非チャンネル登録を、よろしくお願い致します。

YouTube「藤井絞チャンネル」https://www.youtube.com/channel/UCxzwC-0GCUL1lEhwmw0RKlA

藤井絞 Instagram    https://www.instagram.com/kyoto_fujiishibori/?r=nametag

そして、もうひとつ。新商品であります、オリジナル『木綿きもの』の完成度が進化した事は、たいへん大きな良い出来事でした。浴衣を着る期間と真逆の9月から5月まで着られる、家庭で洗える木綿のきものを1年前から作っていました。そのような中、最後の工程でとても良い仕上げを職人さんが見つけて下さいました。その結果、触り心地、着心地が、より素晴らしいものになりました。

そんな中、実際にその木綿をお召し頂いた方から、次のような感想を頂きました。『なにより足に絡まない。皺にならない。落ち感抜群。落ち感が絹みたいですね。そして、着心地が軽くて肩が凝らない。』。最近、他の方々からも同じような感想を頂いております。

今までの木綿では絶対に感じられなかった、もうこれ以上ない最高の褒め言葉です。今までの木綿の常識を覆す、まったく新しい木綿。目指していた木綿がようやく完成しました。まだ量産出来ず、数は少ないですが、どちらかで触る機会がございましたら、是非お試し下さいませ。弊社、3種類のオリジナル綿麻浴衣素材も自信作でたいへん好評ですが、木綿の感想をお聞きしていると、それ以上の満足度を頂いているようで、それが本当に力になり、自信になりました。来年はもっと展開出来ればと考えています。

年男でした1年、猪突猛進の思いでやって来ました。振り返ってみますと、もっと攻められたのではなかったかなとの思いがあります。それを踏まえ、来年取り組むことに致します。

最後になりましたが、皆様方には今年もたいへんお世話になり、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。来年もより一層のご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

それでは皆様、どうぞよいお年をお迎え下さいませ。

藤井絞株式会社 藤井 浩一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>