カテゴリー別アーカイブ: 社長日記

2017年年頭所感

藤井絞の2017年は本日1月4日より始動です。穏やかな年末年始で、ここ6,7年の年頭所感ブログを見返し、いろいろと考えることがありました。「選択と集中」「チャレンジ」「守破離」「急・究・求」「変える・変わる」「挑戦」と様々なことを年頭にスローガンとして掲げ、取り組んで参りました。出来たこと、そうでなかったこと結果はいろいろありましたが、概ねイメージしていた方向に進んでいるように感じています。特に近年SNSの普及により、情報伝達のスピード、拡散が圧倒的で、そこを踏まえて発信することの大切さを痛感しています。このブログも当初より更新頻度が下がり、発信をFacebookに移行してきましたが、思っていることを伝えるにはブログは有効手段だと改めて考えるようになりました。正直、今年のスローガンを何にしようかたいへん迷い、以前のブログを読み返していて気付いたことです。自分で言うのもなんですが、よく考えて丁寧に書いていることに驚き、良い回顧ができました。お時間ございましたら是非お読み下さい。

それを踏まえ今年のスローガンは「創造」にしました。創造とは、新しいものを産み出すこと、とあります。すべてが新しいものではなく、組合せや焼き直しにより創るものも含みたいと思います。取り組みたい創造はたくさんあります。顧客創造、市場創造、商品創造、価値創造、技術創造、職人創造などです。
顧客創造、市場創造、商品創造、価値創造は密接な関係があります。価値をきちんと伝え、顧客、市場に訴える。その為に商品創造は欠かせません。まず、顧客=呉服店ですが、昨年京都での展示会案内状の作成、発送を中止したことにより様々な反応がありました。情報の発信をFacebookに限ったこともあり、情報が届いていない状況でした。ですので今年は少し出してみようと計画しています。逆に市場=消費者からはお問合せも年々増え、認知度が上がってきていることを肌で感じています。こちらには昨年から始めた常設展示でニーズにお応え出来ると考えています。昨年も書きましたが、弊社はあくまでも卸売業ですので、お取引のある呉服店にてお求め頂く形になりますことご了承下さいませ。弊社社員に任せています「商品製作室」ブログにて、商品の作り方や思い、職人さんの紹介などを通じ、藤井絞のものづくりの思い、価値を発信しています。今年も引き続きよろしくお願い致します。

ここ数年のブログで毎年書いていたのが新しい職人の育成です。職人創造、技術継承は毎年の課題でここが1番うまくいってません。この仕事を、価値ある、やりがいのあるものとして伝え、魅力のある未来のある業界にすることが大切です。きものを軸として技術を継承し、次にインテリアやテキスタイル、他国の文化やブランドと交わることにより新しい素材への技術展開が出来ないか模索しています。参画しています『きものアルチザン京都』も「きものを未来へ」をスローガンとし、きものに施す技術を何かと組合せ出来ないかと世界へ出て行っています。辛辣ですが、きものだけで伝統的工芸品の技術を守れるとは思っていません。これからの職人には、きものとそしてきものと違うものに表現することが必要になります。職人創造は今後「京鹿の子絞」を残すため必ず必要なことで急務です。ですので今年計画している企画で新しい職人を育てることが出来ればと考えています。

いろいろ書きましたが「創造」するためには、楽しんで面白く仕事をすることが必要です。業界は益々縮小していく中で、どれだけ楽しめるか、価値、魅力を伝えられるか、おもしろく仕事が出来るか、そういう会社しかうまく残らないのではないかと考えています。理想ですが、そういう業界になればきものの「未来創造」ができ、新たな市場創造に発展していくのではないでしょうか。弊社に関して言えば、藤井絞の創るものは、素敵で且つ価値があり、職人の技術や思いが詰まったものであり、皆様が欲しいと思ってもらえる会社になることを目指します。

それでは本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

藤井絞株式会社 藤井 浩一

2016年を振り返って

藤井絞は昨日12/26に、2016年の営業を終了致しました。今年もたいへんお世話になりありがとうございました。本当にご無沙汰しております。久しぶりのブログ更新となりました。今年1年間で2回目という更新結果で、恥ずかしい限りです。尚、メディア掲載やイベント、展示会などの情報は藤井絞のFacebookで発信していますので、そちらをご覧下さいませ。

https://m.facebook.com/fujiishibori.kyoto/

今年の目標は「挑戦」でした。展示会の案内状の原則廃止、常設展示、ニューヨークやシンガポールにおいての「きものアルチザン京都」の取り組み等、今までに経験したことが無いことに挑戦しました。結果は、良い面が多かったと感じています。

まず案内状ですが、正直来客数への影響はあったと感じています。案内状を送って来ないと苦情を仰る方や離れる方もいらっしゃいました。予想していたことでしたが、減少が許容範囲内であったことは助かりました。案内状を送りませんと書いていても、伝わっていないことに対してアナウンス不足の反省もありました。減少の反面、良いこともありました。一軒一軒のお客様としっかり打合せや商売ができ、商いの質が高まりました。より密接にお客様と結びついたことはこれからの取組みに大いに寄与してくると考えています。来年は案内状を浴衣シーズンだけ数回出す予定にしています。有難いことに年々浴衣の商いは増えていっています。すっかり屋台骨となった浴衣。新柄もたくさん出来上がってきていますので、発表をお待ち下さい。

次に常設展示ですが、お客様の御来店にスムーズに対応でき、特に浴衣シーズンには好評でした。秋口以降は展示会が重なり、商品の出入りが多かった為、展示が難しいこともありました。年々京都に来られる方が多くなってきましたので、この取り組みは続けていきたいと考えています。

参画しています「きものアルチザン京都」としての海外への挑戦は、ニューヨークでのファッショショー、シンガポールでのテーブルコーディネートの2つがありました。異国で魅せる取り組みは、常にチームワークの大切さと時間との戦いでした。自分たちだけでは到底成し得ないショーや展示を、支え、応援して下さいました方々に心より感謝申し上げます。7年目を迎えました「きものアルチザン京都」ですが、これらの挑戦を通じ、飛躍的に成長出来た1年になりました。結果、テレビ、新聞、雑誌とメディアに取り上げられ、様々なオファーを頂くようになりましたことは、たいへん有難く、やって良かったと実感しています。来年も様々なことに挑戦し、成長していきたいと考えています。

挑戦することにより、すべてが良い方向になるということはありません。しかし、挑戦しなければ見えない世界があり、そしてその経験が残り、次どうしたらよいかの指標となります。新しい経験、体験の積み上げこそがこれから特に大切になってくると感じます。

来年はどのような1年になるのでしょうか。言えることは挑戦し続け、結果を出していかないと本当に間に合わない状況です。新たな挑戦として職人の後継者を創ることに本格的に取り組みたいと考えております。

最後になりましたが、今年もたいへんお世話になりありがとうございました。来年の藤井絞の始動は4日からになります。来年も変わらぬお引き立てを賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

藤井絞 藤井 浩一

2015年を振り返って

久しぶりの投稿、今年最後のブログになります。藤井絞は先週25日(金)をもちまして、今年のすべての業務を終えました。

例年通り、年頭所感で記したことを振り返りたいと思います。

今年のテーマは「急・究・求(きゅう)」でした。「急ぐ・究める・求む」について書いてます、今年最初のブログをご参照下さい。
http://blog.fujiishibori.jp/2015/01/2479

まず「急」に関してですが、経済産業省が開催しました『和装振興研究会』に招聘されたことにより、様々な動きが出てきました。

http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/seizou/wasou_shinkou/pdf/report01_01_00.pdf

研究会において、『京鹿の子絞』のものづくりをする立場として発言し続けた結果かどうかはわかりませんが、京都の様々な染織技術継承を考える会が今冬に発足し、来年から本格的な活動が始まることとなりました。まだそれぞれの現状把握の段階ですが、この官民一体となった取組みがスタートした事は大きな意義があると考えています。伝統的工芸品の技術継承を、急ぎながら着実に進めていくことが何よりも大切で、きものの未来を真剣に考えるきっかけになった年でした。

市場開拓、和装振興に関する「急」ですが、前述の研究会にてきものを取り巻く現状把握から、結果として『きものの日』を選定することが決まりました。ニュースにもなり、一時的ですがきもの銘柄の株価にも影響するといった現象が起き、大きな話題になりました。賛否両論あるとは思いますが、きもの業界に焦点が当たり、皆で考えるきっかけとなったことは素晴らしく、とても有難く感じています。

この動きを止めることなく、来年以降も続けていき、和装振興そして染織技術の継承を両輪で進めていくことこそが、これからの業界にとって最も重要だと考えています。

続いて「究」ですが、様々な技術、素材に挑戦し、絞り染めで表現出来る世界を究めたいと取り組んだ1年でもありました。雪花絞の襦袢は新たな挑戦で、たいへん好評でした。浴衣も新しい染色方法で、表現の奥行きが拡がりました。

中でも、美しいキモノ冬号の表紙で弊社の訪問着を取り上げて頂いた事は、たいへん
有難く、作って頂いた職人さんにも励みになりました。

image

素晴らしい職人の方々に支えられ、藤井絞は存在しています。この技術がある内に次の世代に引き継ぐことを、これから取り組む前述の会に進言していければと思います。

「究める」といえば、新たな扉が開いた年でした。代表を務めております『きものアルチザン京都』が、来年2月に開催されます【ニューヨークファッションウィーク】で初めての、きものでのファッションショーに出展することになりました。クラウドファンディングという出資による資金調達で、約6万6千ドルのご支援を頂戴致しました。
https://www.facebook.com/kimonotonyfw/

伝統的工芸品であります、京友禅・京繍・京鹿の子絞・西陣織をはじめ、京都の染織の究極を、世界で活躍されています、きものスタイリスト・浅井広海さんのプロデュースのもと、NYファッションショーにてお見せしたいと思います。

『きものアルチザン京都』は来年6年目を迎えます。おかげさまで国内外問わず、ようやく様々なオファーを頂くようになりました。先月京都新聞夕刊にて取り上げて頂きました記事とFBページのURLを添付致します。今後の活動に是非ご注目下さい。

image

https://www.facebook.com/kimono.artisan/

そして最後の「求」。お取引先、消費者とのより深いつながりを求めていると記してましたが、今年は全国のあちこちで『藤井絞展』を開催して頂きました。どちらのお取引先でもご好評頂き、おかげさまで多くの皆様がお求め下さいました。

「Facebook見てます」「ブログ見てます」と言って下さる方が本当にたくさんいらっしゃって、伝わっている実感が出てきました。

見たい、欲しいと思う方々にどれだけ届くか。満足度を高める追求をすることが必要だと感じています。1年後の予定を組んで下さるお取引先に感謝を申し上げると共に、ご満足頂ける商品を提供させて頂きますよう取り組みます。

今年、創業100年の1年間もたいへんお世話になり、本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。弊社は新年4日から始まります。来年も変わらぬご愛顧を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

それではどうぞよいお年をお迎え下さいませ。

2015年 年頭所感

2015年1月京都裏面

2015年1月案内状表面

藤井絞は本日5日より始動致しました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

藤井絞は、1915年2月の創業の会社で、いよいよ来月2月で創業100年を迎えます。
その節目の年頭に際し、今年の取り組み、目標を記します。

昨年10月、11月の弊社の展示会で、それぞれ「藤井絞の百年祭『序』」、「藤井絞の百年祭『破』」と
続いて開催させて頂きました。

そして今月は「藤井絞の百年祭『急・究・求』」という展示会を開催致します。

ちなみに本来は『序破急(じょはきゅう)』です。
意味は、こちらでお願い致します。 http://ja.wikipedia.org/wiki/序破急

昨年10月から意図して作っていた訳ではないのですが、今月のこの『急・究・求(きゅう)』の漢字が、
これからの我が社に相応しいのではないかと思い、今年1年は『急・究・求』をテーマに取り組みます。

まず『急』ですが、いろいろと急いで取り組まなければいけないことが増えてきました。
絞り染めの技術継承しかり、市場開拓しかり、大きな目線で捉えれば、和装振興を含め、
ものをきちんと作り、伝え、届ける。最も急がないと、どんどん衰退していく一方ではないかと危惧しています。

まず技術継承・後継者育成について、自助努力はもちろんですが、組合や行政などのお力添えを頂き、
『京鹿の子絞』という伝統的工芸品に携わっている方々みんなで未来を考えていく。
職人さんの高齢化により、もうあと数年で出来ないことが増えていくのは目に見えています。
一朝一夕に出来る技術ではないので、取り組むなら今しかないと思っています。

市場開拓、和装振興に関しての『急』は少し過渡期に入ってきている感じがしています。その中において、
おそらく「消費者」からの声、動きをしっかり捉えることが開拓、振興になるのではないでしょうか。

市場に関しましては、ここ最近、SNSによって直接のお問合せやご相談、ご注文を頂くことが
年々多くなってきました。急いでその声に応えられる体制を築くことがメーカーとしての役割だと考えはじめています。

振興に関しましては「着物カーニバル」、「きものサローネ」などの着物ファンイベントも
たいへん良い取組みなのですが、間違いなく次の段階に来ています。
それは、着物に興味がない方、興味があってもどうしたらよいか分からない方に
いかに着物というファッション・市場を認知して、そして着物をお召し頂くかという次のステップです。

いわゆる「着物ファン・着る人を増やす」ことです。急務といっていいでしょう。

そして『究』ですが、いろいろな技術、素材に挑戦し、絞り染めで表現できる世界を究めたいと思っています。

弊社を語る上で代表的な技術になりました「雪花絞」に関しましても、表現そしてアイテムが増えてきました。
創業100年の今年は、もっと攻めた柄や技術を作ると共に、昔の技術の再現や
復刻なんかにも挑戦したいと思っています。「温故知新」という言葉がありますように、今までの歴史を辿り、
昔作っていた柄や色を研究し、新しいものを生み出す。
歴史というのは財産ですから、そこにスポットを当てることも挑戦できればと思います。

今年は「きものアルチザン京都」も「京都染色美術協会」もまた新たな動きが出てきています。
我々世代がイニシアチブを取り、今までになかった見せ方や表現方法の探究もより大切になります。
様々なところからのオファーも増えてきて、今年は益々出て行く場面が多くなると思います。

最後の「求」ですが、お取引先、消費者とのより深いつながりを求めたいと思っております。

浴衣のおかげで、数年前からものすごい勢いで販路が増えました。
本当にありがたいことで、売上を販路の増加で保ってきたと言っても過言ではないほど、
年々お取引先に恵まれました。心より感謝しております。

そして現在は、販路を広げるだけ広げた感があり、次の段階に入ってきています。

それは何か。

「藤井絞」の製品を、より広く、より深く扱って頂けるお取引先との取組みを求めていきたいと思います。

気付いてらっしゃって、もうすでに実戦されている呉服店も多いと思いますが、
これからの展示会のあり方は「総合展」ではなく、「特集」です。もちろん呉服店の規模もありますので
一概には言えませんが、現在弊社がお取引させて頂いている大半の呉服店には「特集」を勧めています。

極論を言えば、たくさん集客してたくさん売れる時代はもうとっくに終わっています。
あれもこれもどれも見せる、何でもある総合展では、消費者に伝わらなくなっています。

そこでアイテムに特化した「特集」です。例えば「絞り展」と題した展示会では絞りしかないので、
絞りが好き、興味がある人しか来ません。絞りが嫌いとか、興味がない人は来ないのです。
それでいいと思っています。きものは、好きな人、欲しい人しか要らないのです。
これからは、いかに好きな方々にアプローチ出来るかしかないと考えています。

その為には、呉服店の店主や店員の方々がそのアイテムの一番のファンであることが大切で、
自分が欲しい、扱いたい、おすすめしたいと思うものしか伝わりません。

そのような理由から、藤井絞のファンの呉服店を求めています。

近年たいへん有り難いことですが、そのようなお店が全国で増えてきています。
消費者もファンが多いお店は、とても充実していて、年々要求度も高くなってきます。
メーカーとしてとても幸せな現象です。

呉服店と藤井絞がしっかり組んで、お客様に解りやすく伝え、届けるという流れをたくさん
作りたい思いです。

「藤井絞展」と題した展示会を開催して頂いていて人が来ない時は、知られてないのだなぁ、興味が
ないのだなぁ、魅力がないのだと最近思うようになりました。それは弊社の努力不足でもあります。

もっと知られる努力、そこでたくさん弊社の商品が見られるということを
それぞれの地域の呉服店一緒に発信し、新しい方々に伝えて、お選び頂きたい、そう考えています。

創業100年の1年。『急ぐ、究める、求む』3つのきゅうで、しっかり取り組んでいきたいと思います。

今年もご愛顧、ご厚情のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

                                   藤井絞   藤井 浩一

2014年を振り返って

久々の投稿、今年最後のブログになります。今年の年頭所感で記したことを振り返りたいと思います。

今年の取り組みは『変わる・変える』でした。
http://blog.fujiishibori.jp/2014/01/2371

記したことがそのまま現実になり、体感した1年間でした。
約1年前にこの場面が予測出来ているのですから、欲を言えばもっと変われてた、
変えれてたんじゃないかなと反省しています。

このブログしかり、twitterしかり、Facebookしかり、SNSをはじめ、
告知、認知の徹底が正直足りてなかったと思います。

それはなぜか。

感じている方もいらっしゃると思いますが、最近着物を取り巻くSNSが、少し過渡期に差し掛かっていると
考えています。劇的にアクセスが増えたり、売り上げが伸びたりということは稀で、もう頭打ちになった感があります。

頻繁な更新も大した努力もしてないのでおこがましいですが、自分の中では少し飽きみたいなものが出てきたのも事実です。

そんな中、私が何も言わないのに、社内で嬉しい変化がありました。
来年から「製品を作っている工程をアップするブログを作りたい」という声。

余りにも私が怠っているので見るに見かねてというのもあると思いますが、やはり『知ってもらう・伝える』
という事が大切であると社員自らが気づいたことは、本当に嬉しく、大きな変化でした。

ですので、来年から私のブログとは別に「商品企画室」のようなブログがはじまる予定です。
藤井絞のものづくり、根幹ともいうべきものを皆様にお伝えできればと考えています。私自身もとても期待しています。

今年も3月に京都市美術館にて開催された『京都染色美術展』、5月京都での『着物カーニバル』
10月からの京都・二条城『アートアクアリウム城』、11月の『きものサローネin日本橋』と、たくさんの行事・
イベントがありました。どれも印象に残っていますが、中でも「きものアルチザン京都」で参画した
『アートアクアリウム城』と、出展し、初のファッションショーをした『きものサローネin日本橋』は、
心から信頼できる同志、仲間と新しい取組みをして、たいへん刺激になり、これからの糧となりました。

先述しましたブログの件もそうですが、行事やイベントを通じ「知られることの重要性」を痛感した1年でした。

来年「藤井絞」は創業100年を迎えます。

節目の年を迎えるにあたり、変えてはならないこと、変えなければならないこと、変わらないといけないことが
明確になってきました。

大きな節目の年ですが、今のところ大きなイベントのようなものは考えておりません。
お祭りみたいなことも良いのかもしれませんが、これから次の時代に向かい、弊社と共に歩んで下さる
顧客さまとの取組みをしっかり考える1年にしたいと考えています。

その為、藤井絞を認識して選択して頂くには『ものづくり』しかないと思っています。

きちんとつくり、きちんと伝え、そしてお選び頂く。

当たり前のことですが、もう一度原点に立ち帰り見直す、そして実行することこそが次の100年を
創ることだと確信しています。

今年1年もたいへんお世話になり、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。
来年もより一層のご支援ご厚情を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

それではどうぞよいお年をお迎え下さいませ。

                                 藤井絞   藤井 浩一