カテゴリー別アーカイブ: 社長日記

雪花絞に出会えて

伝統的工芸品の「有松・鳴海絞」の技術で、いわゆる板締め絞り『雪花絞』の第一人者で、『張正(はりしょう)』の「鵜飼良彦」さんが84歳で先日お亡くなりになり、告別式に参列させて頂きました。

思えば約10年ほど前に、偶然「雪花絞」というものを資料で見て、たいへんな衝撃を受けました。本当に美しくて素敵で、この技術を藤井絞のオリジナル綿麻に何とか表現して欲しいと思い、お願いに上がったことを式中に思い返していました。

「生地を変えてやったことが無い」「生地のたたみ具合で染料の浸透が変わるので、難しい」「3種類の生地?厚みも特徴も違うし、面倒」など、いろいろなことを仰った記憶が蘇ってきました。そこを何とか、失敗してもいいのでとお願いして、やって頂くことに。

最初は難物も出て、染めのバラつきもありました。初めて扱う生地ですから、様々な苦労もあった事でしょう。藤井絞のオリジナル綿麻は、生地幅は42cm(普通は38cm)と広めで、生地の長さも13m以上の長尺で織っているので、どうしても生地を畳んだ時に幅が広くなります。広くなるということは、平行をとって染めにくい、厚みがでるので染料が浸透しにくいということになります。

image

Exif_JPEG_PICTURE

扱いだした当初は少しずつ作り、パラパラとしか売れなかった記憶があります。

「昔、あったよねぇ。こんなオシメの柄、店のウインドウには飾れない」などと言われ、正直反応があまり良くなかったです。当時、張正さんの綿の雪花絞と、藤井絞のオリジナル綿麻の雪花絞を混在して扱っていたことも要因があったように思います。綿はどうしてもまとわりついて着にくく、染めに関しては綿麻の方が色が断然きれいで、ボカシ加減も素晴らしかった。

しばらく経ってから鵜飼さんに「藤井絞さんの綿麻は染めると染料の走りがよく、いいかんじに染まりますね」と言われました。

そこで、仕入れの綿の雪花絞をやめて、藤井絞のオリジナル綿麻に特化して取り組みました。

「着やすさ」「涼しさ」「扱いやすさ」を兼ね備えた綿麻に、鵜飼さんの最高の『雪花絞』の技術。扱っている自分自身が感動するものが出来るようになっていきました。

imageimage

そしてその『雪花絞』は、今から8年前、2006年初夏にお得意先の作られた浴衣雑誌『おさんぽ着』で取り上げられ、2007年には雑誌『七緒』Vol.10の表紙に。

小泉今日子さんも雑誌で「初めて自分で買った浴衣」とお召し頂いてましたね。

imageimage
image

image

その頃からじわじわと問合せが入ったり、動きが良くなってきました。

そして、なんと言いましても、2009年夏。「雪花絞」がサントリー金麦のCMで大きく取り上げられ、桁違いの反応と販売になり、『藤井絞』というメーカーが少しずつ認知され出しました。

http://www.suntory.co.jp/beer/kinmugi/ad/graphic/a/2009/08.html

もうラッキーというより他はないような気分だったのを覚えています。それから、計3年連続で弊社の浴衣をCMで取り扱って頂きました。結果、過去6年間で4枚の実績です。

『雪花絞』のCMの次の年からは、2月の弊社浴衣の発表会に信じられないほどのお客様が殺到し、見る見るうちに反物の山が減っていき、『雪花絞』はほぼ完売に。
びっくりするような体験をさせて頂きました。それから5年ほど経ちますが、毎年変わらずにご愛顧頂いております。

Exif_JPEG_PICTURE

鵜飼さんの『雪花絞』は、繊細で本当にきれいです。その中でも特に、八つ畳みの細かい『雪花絞』の技術は、亡くなられた鵜飼良彦さんにしか出来ないものがあります。

image

体調が戻って、今秋からお仕事を再開される予定とお聞きしていた矢先のことでした。残念すぎます。

もう見ることが出来ない、再現できないものがどれぐらいありますでしょうか。今お持ちの方は大切になさって下さい。

しかし、以前より娘さんご夫婦がお継ぎになられていますので、伝承している技を守り、そしてまた新たな世界を創って下さると心から期待しております。

最後に今年2月末にご一緒に取材をさせて頂いた記事を。

image

鵜飼良彦さま。

私は『雪花絞』に出会った10年前と今も変わらず、魅了され続けています。

素晴らしい技術を見せて頂き、本当にありがとうございました。ご縁を頂けたこと、心から感謝しております。本当に幸せでした。

どうぞ安らかにお眠り下さい。

合掌。

2014年 年頭所感

藤井絞は本日6日より始動致しました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年の2月で創業99年を迎えます。いよいよ100周年目の年頭に際し、今年の取り組み、目標を記します。

近年、きものを販売する環境が大きく変化し、特に消費者のニーズ、情報、購買の仕方などは、目まぐるしく変わって来ていると感じています。価格だけに飛び付くことが少なくなり、本当に欲しいもの、必要なもの、活きるものを手にされる傾向が強くなっていると思います。満足度の高いもの、より価値、質を問われる時代です。

そのような状況を踏まえ、今年の藤井絞の取り組みは、『変わる・変える』です。

以前にも増して消費者の方々と接する機会が劇的に増え、私達メーカーの立場で、求められる仕事、内容にも変化が出てきました。それは、『着物カーニバル』や『きものサローネ』などのイベント、そして各呉服店さまでの展示会を通じ、実感しています。元来、着物メーカーというものは、ものだけを作り、黒子に徹し、販売を依頼して成り立っている時代がありました。しかし、現在はものすごい情報化社会で、SNSを避けて通れない世の中です。これからは、弊社のきものをお取扱い頂く方々と共に藤井絞の「ファンづくり」をしないことには、未来はありません。そして、そういう取り組みに『変わる・変える』ということが、未来を創っていくことだと信じています。

具体的に言いますと、「売る」だけの展示会ではなく、知って頂き、ファンになって頂く会などを積極的に行うことや、メーカーとしてどのような作り方、考え方をしているかをSNSなどを通じ、興味を持って、分かって頂くことが大切だと考えています。ここ2年ほど、仲間や同志と交わることにより、人前で話す機会、依頼が本当に増えました。良い経験をさせて頂き、メーカーとしてこれからもっとやらなければならないことがあるなあと実感しております。残念ながら、呉服店さまに着物をお任せだけして売れていた時代は、もう終わっています。

弊社のファンの呉服店さまで、その顧客さまもそのお店のファン、弊社のファンの取り組みでないと、売れません。昨年からその傾向が顕著に出てきました。もっと言いますと、そのお店が藤井絞を扱っているということで人が動く、そんなメーカーを目指したいと思います。

『変わる・変える』。なかなか大変なことですが、まずは社内の意識を変えることからスタートします。

創業100年の老舗へ。素晴らしい未来があることを信じて。

藤井絞  藤井 浩一

 

 

 

 

年末所感

昨年末にも同じことを書いていましたが、本当に久々の投稿になります。

今年はじめに掲げたスローガンは、「選択と集中」と「チャレンジ」の2つでした。

「選択と集中」に関しましては、仕事面ではうまく推移したのではないかと思っています。
メーカーとして何を作っていくかという選択をし、どのように流通させるかという一連の流れは
イメージに近い形で出来てきたかんじがします。まだまだまだまだ足りませんが・・・。

おかげさまで、弊社のファンの方や、ファンになって下さった方からの声を、様々な展示会、イベント、
SNSなどで直接お聞きする機会が増え、それを励みに頑張れた1年でした。
その中でも藤井絞のファンミーティングなるものを立ち上げて頂いたことは、たいへん幸せなことでした。

情報はたくさんあります。どの情報を選択し行動を起こすか、たいへん悩ましい状況も多々ありました。
「チャレンジ」なので、何でもやりたい、経験したいと思い、選択せずに走りだし、取り組みが
とっ散らかるようなことも正直ありました。走り続け、様々な事を詰め込んだ1年でした。

取組みとしましては、「きものアルチザン京都」で行った南青山での展覧会。それがきっかけとなり、
金魚をアートとして魅せる『アートアクアリウム』とのコラボレーションが実現し、様々な新しい経験が
出来ました。それをもって、『きものサローネIN日本橋』に出展し、プレゼンテーションを行えたことは
これからの礎になったと思います。

南青山での展覧会
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=455873734482001&set=a.209524235783620.52540.202583503144360&type=1&theater

アートアクアリウムとのコラボレーション
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.509877585748282.1073741827.202583503144360&type=1

きものサローネIN日本橋 出展
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=553469158055791&set=a.209524235783620.52540.202583503144360&type=1&theater

次に3月に京都市美術館で開催された「京都染色美術展」。意志のあるたいへん良い展覧会であったと
確信しています。来年3月も新たな展開になりそうなので、出展者としましても、とても楽しみです。

京都染色美術展 出展振袖
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.394760030643238.1073741830.149056375213606&type=1

初回からお世話になっています「着物カーニバル」も今年のGWの浅草開催で第3回をかぞえ、過去最高の
来場者があり、たいへんな盛り上がりでした。
メーカーとして大いに勇気を頂きました!
来年のGWに地元京都で開催される「第4回着物カーニバル」も大変楽しみです。

もう一つ掲げていた『新しい職人を育てる、つくる』「チャレンジ」ですが、今年初めにスタートし、秋までの
約9か月間取り組み、結局うまくいきませんでした。
反省は多々ありますが、やってみてはじめて分かること、難しいことが体感でき、それを今後に活かし、
必ずや職人さんと『京鹿の子絞』の未来をつくりたいという思いでいっぱいです。
引き続き、どのように職人さんを作って育てていくのか、チャレンジし続けたいと思っています。

様々なことがあった2013年、たくさんのお客様、職人さん、同志、友人に支えられた『感謝』の1年でした。
小さな円が、大きく強い円になってきている感じがします。
たいへん心強く、少しずつですが変わってきていると思います。
その良い流れに乗り続けられるよう取り組みます。

来年2014年は、藤井絞が丸99年、『創業100周年目』を迎えます。
その為、創業100年に向け、大きなステップの1年にします。

本年もたいへんお世話になりまして、誠にありがとうございました。
来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

それでは、どうぞよいお年をお迎え下さいませ。

藤井絞 藤井 浩一

新年を迎えて

皆様、明けましておめでとうございます。旧年中はたいへんお世話になり、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2013年がはじまりました!
年賀状の通り、藤井絞は、今年の2月で創業丸98年で「99年目」を迎えます。
いよいよ創業100周年に向かう動きをしていく大切な取り組みの年になります。
毎年書いているようですが、本当の勝負の年、勝負しなければいけない1年に
なると思います。その覚悟を持って、この1年間、取り組みたいと思います。

今年の藤井絞のスローガンは、3年前に掲げた『選択と集中』と昨年の『チャレンジ』の2つを
もう一度見つめ直し、新たな『選択と集中』、『チャレンジ』をしていきたいと思います。

まず『選択と集中』に関しましては、3年前に思い切って行ったつもりだったのですが、この
3年間で業界を取り巻く状況もずいぶん変化し、新たな視点で見つめ直す必要性が出て来たことが
発端です。昨年の1年間で、お取引先も、また消費者もスピードがものすごく速くなってきました。
何故かといいますと、Facebookを中心としたアプローチがたいへん多くなり、お客様の要望、要求レベルが
非常に高くなってきていることに起因します。メーカーとしまして、そこにお応えする仕組み作りを
していくことが、将来的に残る可能性が大きいのではと考えています。何を作って、どのように流通させて、
お客様にいかに選択して頂けるか。弊社としましても、欲しいという『選択』をされるメーカーになることが
生き残れることだと信じ、製造・流通面でより踏み込んだ『選択と集中』をやって行きたいと思います。

そして昨年と同様の『チャレンジ』ですが、引き続き「きものアルチザン京都」や「京都染色美術展」、
「着物カーニバル」などに対する取組みを、もっとたくさんの人にご覧頂き、認識して頂きたいという
思いがあります。昨年の様々な出会いを通じ、足がかりみたいなものは体感できましたが、
今年はそれをより発展させた『チャレンジ』が必要であると考えています。
熱い情熱を持った仲間の方々と、大いに『チャレンジ』していきたいと思います。

またその取組みを通じ、「藤井絞」を一人でも多くの方に知って頂く『チャレンジ』でもあります。
お陰さまで昨年はたくさんのオファーを頂き、業界紙、本などで紹介され、
皆様の目に触れる機会も多かった1年だったと思います。今年はもっと取り上げて頂けますよう、
より真剣に取り組みたいと考えています。

それから、「新しい職人を育てる、つくる」ことが、今年最大の『チャレンジ』となります。
何年も前から考えていたことですが、恥ずかしながら現状に甘んじて、先送りしてきました。
ただ、もう取り組まないと本当に間に合わない、切実な状況になってきています。自業自得ですが(汗)
着物業界のメーカーや職人はどの産地、どの業種でも同じ環境だとは思いますが、
これから年々、ものを作れなくなる、出来ていたものが出来ないように、間違いなくなっていきます。
商品の需要と供給バランスの問題はもちろんですが、後継者不足で技術が未来へ残らなくなってくるでしょう。
ひじょうに残念ですが、現実なのです。
それを踏まえ、少しずつですが、ベテランの技術を新しい職人さんに継承していくことが
「京鹿の子絞」を未来へ残すことであると考えています。ただ、産業として残る為には、
需要を高めるように持っていかないと職人さんも生活できない。ここをどのようにクリアしていくかが、
1番の問題なのです。絞組合の仲間とよく考え、「京鹿の子絞」の技術をどのように残していくのが
ベストなのかを選択して、即実行に移す。そしてみんなで責任をもって取り組む。
その初年度が今年であると考えています。
もし、「京鹿の子絞」を職業として考えたい方は、ぜひご連絡下さい!
「器用」で「好き」で「飽きない」自信のある方は確実に向いていると思いますので、ご検討下さい。

藤井絞としましては、上記のように、たくさんの方々に支持されるメーカー・ブランドになることが、
職人さんが仕事として入りやすい、また続けやすい環境をつくれることであると考えます。
もっと言いますと「製造」と「販売」の両輪が大きな円で回るような仕組み作りが出来ればと思っています。

何をやってもたいへんな世の中。それなら「チャレンジ」することが、明るく楽しい未来を創ることだと信じ、
取り組んでいきます。「創業100周年」をこれ以上ないかたちで迎えているイメージをして。

また1年間、どうぞお付き合いくださいませ。よろしくお願い致します。

藤井絞  藤井 浩一

今年1年を振り返って

本当に久々の投稿になります。今年1年はFacebookを中心に発信していまして、
ブログの更新がついつい疎かになりました(汗)
Facebookの手軽さと反応の良さは、ブログとは比べものにならなく感じており、
そこがブログから遠のいていた原因なのかなと思っています。

さて年初に「チャレンジ」と目標を掲げましたが、様々なことにチャレンジした1年でした。
思い返せば、「絞り浴衣の希望小売価格の設定」、「新生・京都染色美術展への取り組み」、
「きものアルチザン京都・パリへ」、「着物カーニバル」、「5-9きもの」などなど、
初めて経験することや、イベントが多い1年でした。

どの取組みに関しましても、お客様に支えられ、仲間に助けられ、本当に良い経験が
出来ました。私にとって、ものすごく大きな財産になりました。
新たなことにチャレンジ出来た1年だったと思います。

今年は何といっても「Facebook」(以下FB)を抜きに語ることは出来ません。
FB上で、この1年間で友達になった人の数が、360人!リアルで会えた方も相当いました。
実際、FBからお取引が始まったお客様も数軒ありました。本当に有り難いことで、今まででは
ほぼ無かった話しです。そのスピード感は、今のところ他のツールでは決して体感できないもの
ではないでしょうか。あと、打合せ等で集まらなくても、連絡や相談がFB上で済んでしまう便利さにも、
随分と助けられました。来年はFBをもっともっと有効活用して、発信できればなあと思っています。

そこで来年は、藤井絞のHPを早々にリニューアルする予定です。イメージも変わって、FB中心の発信に
なります。またおつきあい頂ければ、幸いです。

来年はどんな年になりますでしょうか。藤井絞は、2月で99年目を迎えます。いよいよ100年へ向けた
カウントダウンです。良いステップの1年にしたいと思います。

藤井絞は、本日27日(木)で今年の業務終了となります。来年は、1月4日(金)の始業です。

今年1年おつきあい頂き、本当にありがとうございました。来年も何卒よろしくお願い致します。
それではみなさま、良いお年をお迎え下さい。

藤井絞 藤井 浩一