カテゴリー別アーカイブ: 社長日記

2015年を振り返って

久しぶりの投稿、今年最後のブログになります。藤井絞は先週25日(金)をもちまして、今年のすべての業務を終えました。

例年通り、年頭所感で記したことを振り返りたいと思います。

今年のテーマは「急・究・求(きゅう)」でした。「急ぐ・究める・求む」について書いてます、今年最初のブログをご参照下さい。
http://blog.fujiishibori.jp/2015/01/2479

まず「急」に関してですが、経済産業省が開催しました『和装振興研究会』に招聘されたことにより、様々な動きが出てきました。

http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/seizou/wasou_shinkou/pdf/report01_01_00.pdf

研究会において、『京鹿の子絞』のものづくりをする立場として発言し続けた結果かどうかはわかりませんが、京都の様々な染織技術継承を考える会が今冬に発足し、来年から本格的な活動が始まることとなりました。まだそれぞれの現状把握の段階ですが、この官民一体となった取組みがスタートした事は大きな意義があると考えています。伝統的工芸品の技術継承を、急ぎながら着実に進めていくことが何よりも大切で、きものの未来を真剣に考えるきっかけになった年でした。

市場開拓、和装振興に関する「急」ですが、前述の研究会にてきものを取り巻く現状把握から、結果として『きものの日』を選定することが決まりました。ニュースにもなり、一時的ですがきもの銘柄の株価にも影響するといった現象が起き、大きな話題になりました。賛否両論あるとは思いますが、きもの業界に焦点が当たり、皆で考えるきっかけとなったことは素晴らしく、とても有難く感じています。

この動きを止めることなく、来年以降も続けていき、和装振興そして染織技術の継承を両輪で進めていくことこそが、これからの業界にとって最も重要だと考えています。

続いて「究」ですが、様々な技術、素材に挑戦し、絞り染めで表現出来る世界を究めたいと取り組んだ1年でもありました。雪花絞の襦袢は新たな挑戦で、たいへん好評でした。浴衣も新しい染色方法で、表現の奥行きが拡がりました。

中でも、美しいキモノ冬号の表紙で弊社の訪問着を取り上げて頂いた事は、たいへん
有難く、作って頂いた職人さんにも励みになりました。

image

素晴らしい職人の方々に支えられ、藤井絞は存在しています。この技術がある内に次の世代に引き継ぐことを、これから取り組む前述の会に進言していければと思います。

「究める」といえば、新たな扉が開いた年でした。代表を務めております『きものアルチザン京都』が、来年2月に開催されます【ニューヨークファッションウィーク】で初めての、きものでのファッションショーに出展することになりました。クラウドファンディングという出資による資金調達で、約6万6千ドルのご支援を頂戴致しました。
https://www.facebook.com/kimonotonyfw/

伝統的工芸品であります、京友禅・京繍・京鹿の子絞・西陣織をはじめ、京都の染織の究極を、世界で活躍されています、きものスタイリスト・浅井広海さんのプロデュースのもと、NYファッションショーにてお見せしたいと思います。

『きものアルチザン京都』は来年6年目を迎えます。おかげさまで国内外問わず、ようやく様々なオファーを頂くようになりました。先月京都新聞夕刊にて取り上げて頂きました記事とFBページのURLを添付致します。今後の活動に是非ご注目下さい。

image

https://www.facebook.com/kimono.artisan/

そして最後の「求」。お取引先、消費者とのより深いつながりを求めていると記してましたが、今年は全国のあちこちで『藤井絞展』を開催して頂きました。どちらのお取引先でもご好評頂き、おかげさまで多くの皆様がお求め下さいました。

「Facebook見てます」「ブログ見てます」と言って下さる方が本当にたくさんいらっしゃって、伝わっている実感が出てきました。

見たい、欲しいと思う方々にどれだけ届くか。満足度を高める追求をすることが必要だと感じています。1年後の予定を組んで下さるお取引先に感謝を申し上げると共に、ご満足頂ける商品を提供させて頂きますよう取り組みます。

今年、創業100年の1年間もたいへんお世話になり、本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。弊社は新年4日から始まります。来年も変わらぬご愛顧を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

それではどうぞよいお年をお迎え下さいませ。

2015年 年頭所感

2015年1月京都裏面

2015年1月案内状表面

藤井絞は本日5日より始動致しました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

藤井絞は、1915年2月の創業の会社で、いよいよ来月2月で創業100年を迎えます。
その節目の年頭に際し、今年の取り組み、目標を記します。

昨年10月、11月の弊社の展示会で、それぞれ「藤井絞の百年祭『序』」、「藤井絞の百年祭『破』」と
続いて開催させて頂きました。

そして今月は「藤井絞の百年祭『急・究・求』」という展示会を開催致します。

ちなみに本来は『序破急(じょはきゅう)』です。
意味は、こちらでお願い致します。 http://ja.wikipedia.org/wiki/序破急

昨年10月から意図して作っていた訳ではないのですが、今月のこの『急・究・求(きゅう)』の漢字が、
これからの我が社に相応しいのではないかと思い、今年1年は『急・究・求』をテーマに取り組みます。

まず『急』ですが、いろいろと急いで取り組まなければいけないことが増えてきました。
絞り染めの技術継承しかり、市場開拓しかり、大きな目線で捉えれば、和装振興を含め、
ものをきちんと作り、伝え、届ける。最も急がないと、どんどん衰退していく一方ではないかと危惧しています。

まず技術継承・後継者育成について、自助努力はもちろんですが、組合や行政などのお力添えを頂き、
『京鹿の子絞』という伝統的工芸品に携わっている方々みんなで未来を考えていく。
職人さんの高齢化により、もうあと数年で出来ないことが増えていくのは目に見えています。
一朝一夕に出来る技術ではないので、取り組むなら今しかないと思っています。

市場開拓、和装振興に関しての『急』は少し過渡期に入ってきている感じがしています。その中において、
おそらく「消費者」からの声、動きをしっかり捉えることが開拓、振興になるのではないでしょうか。

市場に関しましては、ここ最近、SNSによって直接のお問合せやご相談、ご注文を頂くことが
年々多くなってきました。急いでその声に応えられる体制を築くことがメーカーとしての役割だと考えはじめています。

振興に関しましては「着物カーニバル」、「きものサローネ」などの着物ファンイベントも
たいへん良い取組みなのですが、間違いなく次の段階に来ています。
それは、着物に興味がない方、興味があってもどうしたらよいか分からない方に
いかに着物というファッション・市場を認知して、そして着物をお召し頂くかという次のステップです。

いわゆる「着物ファン・着る人を増やす」ことです。急務といっていいでしょう。

そして『究』ですが、いろいろな技術、素材に挑戦し、絞り染めで表現できる世界を究めたいと思っています。

弊社を語る上で代表的な技術になりました「雪花絞」に関しましても、表現そしてアイテムが増えてきました。
創業100年の今年は、もっと攻めた柄や技術を作ると共に、昔の技術の再現や
復刻なんかにも挑戦したいと思っています。「温故知新」という言葉がありますように、今までの歴史を辿り、
昔作っていた柄や色を研究し、新しいものを生み出す。
歴史というのは財産ですから、そこにスポットを当てることも挑戦できればと思います。

今年は「きものアルチザン京都」も「京都染色美術協会」もまた新たな動きが出てきています。
我々世代がイニシアチブを取り、今までになかった見せ方や表現方法の探究もより大切になります。
様々なところからのオファーも増えてきて、今年は益々出て行く場面が多くなると思います。

最後の「求」ですが、お取引先、消費者とのより深いつながりを求めたいと思っております。

浴衣のおかげで、数年前からものすごい勢いで販路が増えました。
本当にありがたいことで、売上を販路の増加で保ってきたと言っても過言ではないほど、
年々お取引先に恵まれました。心より感謝しております。

そして現在は、販路を広げるだけ広げた感があり、次の段階に入ってきています。

それは何か。

「藤井絞」の製品を、より広く、より深く扱って頂けるお取引先との取組みを求めていきたいと思います。

気付いてらっしゃって、もうすでに実戦されている呉服店も多いと思いますが、
これからの展示会のあり方は「総合展」ではなく、「特集」です。もちろん呉服店の規模もありますので
一概には言えませんが、現在弊社がお取引させて頂いている大半の呉服店には「特集」を勧めています。

極論を言えば、たくさん集客してたくさん売れる時代はもうとっくに終わっています。
あれもこれもどれも見せる、何でもある総合展では、消費者に伝わらなくなっています。

そこでアイテムに特化した「特集」です。例えば「絞り展」と題した展示会では絞りしかないので、
絞りが好き、興味がある人しか来ません。絞りが嫌いとか、興味がない人は来ないのです。
それでいいと思っています。きものは、好きな人、欲しい人しか要らないのです。
これからは、いかに好きな方々にアプローチ出来るかしかないと考えています。

その為には、呉服店の店主や店員の方々がそのアイテムの一番のファンであることが大切で、
自分が欲しい、扱いたい、おすすめしたいと思うものしか伝わりません。

そのような理由から、藤井絞のファンの呉服店を求めています。

近年たいへん有り難いことですが、そのようなお店が全国で増えてきています。
消費者もファンが多いお店は、とても充実していて、年々要求度も高くなってきます。
メーカーとしてとても幸せな現象です。

呉服店と藤井絞がしっかり組んで、お客様に解りやすく伝え、届けるという流れをたくさん
作りたい思いです。

「藤井絞展」と題した展示会を開催して頂いていて人が来ない時は、知られてないのだなぁ、興味が
ないのだなぁ、魅力がないのだと最近思うようになりました。それは弊社の努力不足でもあります。

もっと知られる努力、そこでたくさん弊社の商品が見られるということを
それぞれの地域の呉服店一緒に発信し、新しい方々に伝えて、お選び頂きたい、そう考えています。

創業100年の1年。『急ぐ、究める、求む』3つのきゅうで、しっかり取り組んでいきたいと思います。

今年もご愛顧、ご厚情のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

                                   藤井絞   藤井 浩一

2014年を振り返って

久々の投稿、今年最後のブログになります。今年の年頭所感で記したことを振り返りたいと思います。

今年の取り組みは『変わる・変える』でした。
http://blog.fujiishibori.jp/2014/01/2371

記したことがそのまま現実になり、体感した1年間でした。
約1年前にこの場面が予測出来ているのですから、欲を言えばもっと変われてた、
変えれてたんじゃないかなと反省しています。

このブログしかり、twitterしかり、Facebookしかり、SNSをはじめ、
告知、認知の徹底が正直足りてなかったと思います。

それはなぜか。

感じている方もいらっしゃると思いますが、最近着物を取り巻くSNSが、少し過渡期に差し掛かっていると
考えています。劇的にアクセスが増えたり、売り上げが伸びたりということは稀で、もう頭打ちになった感があります。

頻繁な更新も大した努力もしてないのでおこがましいですが、自分の中では少し飽きみたいなものが出てきたのも事実です。

そんな中、私が何も言わないのに、社内で嬉しい変化がありました。
来年から「製品を作っている工程をアップするブログを作りたい」という声。

余りにも私が怠っているので見るに見かねてというのもあると思いますが、やはり『知ってもらう・伝える』
という事が大切であると社員自らが気づいたことは、本当に嬉しく、大きな変化でした。

ですので、来年から私のブログとは別に「商品企画室」のようなブログがはじまる予定です。
藤井絞のものづくり、根幹ともいうべきものを皆様にお伝えできればと考えています。私自身もとても期待しています。

今年も3月に京都市美術館にて開催された『京都染色美術展』、5月京都での『着物カーニバル』
10月からの京都・二条城『アートアクアリウム城』、11月の『きものサローネin日本橋』と、たくさんの行事・
イベントがありました。どれも印象に残っていますが、中でも「きものアルチザン京都」で参画した
『アートアクアリウム城』と、出展し、初のファッションショーをした『きものサローネin日本橋』は、
心から信頼できる同志、仲間と新しい取組みをして、たいへん刺激になり、これからの糧となりました。

先述しましたブログの件もそうですが、行事やイベントを通じ「知られることの重要性」を痛感した1年でした。

来年「藤井絞」は創業100年を迎えます。

節目の年を迎えるにあたり、変えてはならないこと、変えなければならないこと、変わらないといけないことが
明確になってきました。

大きな節目の年ですが、今のところ大きなイベントのようなものは考えておりません。
お祭りみたいなことも良いのかもしれませんが、これから次の時代に向かい、弊社と共に歩んで下さる
顧客さまとの取組みをしっかり考える1年にしたいと考えています。

その為、藤井絞を認識して選択して頂くには『ものづくり』しかないと思っています。

きちんとつくり、きちんと伝え、そしてお選び頂く。

当たり前のことですが、もう一度原点に立ち帰り見直す、そして実行することこそが次の100年を
創ることだと確信しています。

今年1年もたいへんお世話になり、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。
来年もより一層のご支援ご厚情を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

それではどうぞよいお年をお迎え下さいませ。

                                 藤井絞   藤井 浩一

雪花絞に出会えて

伝統的工芸品の「有松・鳴海絞」の技術で、いわゆる板締め絞り『雪花絞』の第一人者で、『張正(はりしょう)』の「鵜飼良彦」さんが84歳で先日お亡くなりになり、告別式に参列させて頂きました。

思えば約10年ほど前に、偶然「雪花絞」というものを資料で見て、たいへんな衝撃を受けました。本当に美しくて素敵で、この技術を藤井絞のオリジナル綿麻に何とか表現して欲しいと思い、お願いに上がったことを式中に思い返していました。

「生地を変えてやったことが無い」「生地のたたみ具合で染料の浸透が変わるので、難しい」「3種類の生地?厚みも特徴も違うし、面倒」など、いろいろなことを仰った記憶が蘇ってきました。そこを何とか、失敗してもいいのでとお願いして、やって頂くことに。

最初は難物も出て、染めのバラつきもありました。初めて扱う生地ですから、様々な苦労もあった事でしょう。藤井絞のオリジナル綿麻は、生地幅は42cm(普通は38cm)と広めで、生地の長さも13m以上の長尺で織っているので、どうしても生地を畳んだ時に幅が広くなります。広くなるということは、平行をとって染めにくい、厚みがでるので染料が浸透しにくいということになります。

image

Exif_JPEG_PICTURE

扱いだした当初は少しずつ作り、パラパラとしか売れなかった記憶があります。

「昔、あったよねぇ。こんなオシメの柄、店のウインドウには飾れない」などと言われ、正直反応があまり良くなかったです。当時、張正さんの綿の雪花絞と、藤井絞のオリジナル綿麻の雪花絞を混在して扱っていたことも要因があったように思います。綿はどうしてもまとわりついて着にくく、染めに関しては綿麻の方が色が断然きれいで、ボカシ加減も素晴らしかった。

しばらく経ってから鵜飼さんに「藤井絞さんの綿麻は染めると染料の走りがよく、いいかんじに染まりますね」と言われました。

そこで、仕入れの綿の雪花絞をやめて、藤井絞のオリジナル綿麻に特化して取り組みました。

「着やすさ」「涼しさ」「扱いやすさ」を兼ね備えた綿麻に、鵜飼さんの最高の『雪花絞』の技術。扱っている自分自身が感動するものが出来るようになっていきました。

imageimage

そしてその『雪花絞』は、今から8年前、2006年初夏にお得意先の作られた浴衣雑誌『おさんぽ着』で取り上げられ、2007年には雑誌『七緒』Vol.10の表紙に。

小泉今日子さんも雑誌で「初めて自分で買った浴衣」とお召し頂いてましたね。

imageimage
image

image

その頃からじわじわと問合せが入ったり、動きが良くなってきました。

そして、なんと言いましても、2009年夏。「雪花絞」がサントリー金麦のCMで大きく取り上げられ、桁違いの反応と販売になり、『藤井絞』というメーカーが少しずつ認知され出しました。

http://www.suntory.co.jp/beer/kinmugi/ad/graphic/a/2009/08.html

もうラッキーというより他はないような気分だったのを覚えています。それから、計3年連続で弊社の浴衣をCMで取り扱って頂きました。結果、過去6年間で4枚の実績です。

『雪花絞』のCMの次の年からは、2月の弊社浴衣の発表会に信じられないほどのお客様が殺到し、見る見るうちに反物の山が減っていき、『雪花絞』はほぼ完売に。
びっくりするような体験をさせて頂きました。それから5年ほど経ちますが、毎年変わらずにご愛顧頂いております。

Exif_JPEG_PICTURE

鵜飼さんの『雪花絞』は、繊細で本当にきれいです。その中でも特に、八つ畳みの細かい『雪花絞』の技術は、亡くなられた鵜飼良彦さんにしか出来ないものがあります。

image

体調が戻って、今秋からお仕事を再開される予定とお聞きしていた矢先のことでした。残念すぎます。

もう見ることが出来ない、再現できないものがどれぐらいありますでしょうか。今お持ちの方は大切になさって下さい。

しかし、以前より娘さんご夫婦がお継ぎになられていますので、伝承している技を守り、そしてまた新たな世界を創って下さると心から期待しております。

最後に今年2月末にご一緒に取材をさせて頂いた記事を。

image

鵜飼良彦さま。

私は『雪花絞』に出会った10年前と今も変わらず、魅了され続けています。

素晴らしい技術を見せて頂き、本当にありがとうございました。ご縁を頂けたこと、心から感謝しております。本当に幸せでした。

どうぞ安らかにお眠り下さい。

合掌。

2014年 年頭所感

藤井絞は本日6日より始動致しました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年の2月で創業99年を迎えます。いよいよ100周年目の年頭に際し、今年の取り組み、目標を記します。

近年、きものを販売する環境が大きく変化し、特に消費者のニーズ、情報、購買の仕方などは、目まぐるしく変わって来ていると感じています。価格だけに飛び付くことが少なくなり、本当に欲しいもの、必要なもの、活きるものを手にされる傾向が強くなっていると思います。満足度の高いもの、より価値、質を問われる時代です。

そのような状況を踏まえ、今年の藤井絞の取り組みは、『変わる・変える』です。

以前にも増して消費者の方々と接する機会が劇的に増え、私達メーカーの立場で、求められる仕事、内容にも変化が出てきました。それは、『着物カーニバル』や『きものサローネ』などのイベント、そして各呉服店さまでの展示会を通じ、実感しています。元来、着物メーカーというものは、ものだけを作り、黒子に徹し、販売を依頼して成り立っている時代がありました。しかし、現在はものすごい情報化社会で、SNSを避けて通れない世の中です。これからは、弊社のきものをお取扱い頂く方々と共に藤井絞の「ファンづくり」をしないことには、未来はありません。そして、そういう取り組みに『変わる・変える』ということが、未来を創っていくことだと信じています。

具体的に言いますと、「売る」だけの展示会ではなく、知って頂き、ファンになって頂く会などを積極的に行うことや、メーカーとしてどのような作り方、考え方をしているかをSNSなどを通じ、興味を持って、分かって頂くことが大切だと考えています。ここ2年ほど、仲間や同志と交わることにより、人前で話す機会、依頼が本当に増えました。良い経験をさせて頂き、メーカーとしてこれからもっとやらなければならないことがあるなあと実感しております。残念ながら、呉服店さまに着物をお任せだけして売れていた時代は、もう終わっています。

弊社のファンの呉服店さまで、その顧客さまもそのお店のファン、弊社のファンの取り組みでないと、売れません。昨年からその傾向が顕著に出てきました。もっと言いますと、そのお店が藤井絞を扱っているということで人が動く、そんなメーカーを目指したいと思います。

『変わる・変える』。なかなか大変なことですが、まずは社内の意識を変えることからスタートします。

創業100年の老舗へ。素晴らしい未来があることを信じて。

藤井絞  藤井 浩一