2019年年頭所感

本日1月4日、藤井絞の2019年はスタートしました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。昨年の世相を表す漢字は「災」でしたが、きもの業界に取りましても、はれのひ事件に始まり、きものの実需時期の秋はたびたび台風に見舞われ、あまり良い状況にはなかったと思います。弊社に関しましても、後半の動きがあまり良くなく、残念ながら苦戦で年末を迎えました。そのような中でも、InstagramをはじめとしたSNSの反応は年々よくなってきていて、商いの流れの変化を感じています。そのことを鑑みて、今年のスローガンは【変化を進化へ】と致します。

今年は元号も変わり、消費税も変わる節目の年です。また来年の東京オリンピックを見据え、急ピッチで様々な変化が生じてくるでしょう。世の中の変化は益々目まぐるしく、それに対応していかねばなりません。変化をどのように捉えるかで随分と違いが出てきます。前向きに捉えると、変化はある意味チャンスです。新たな気持ちになったり、リセット出来たり、考えや方法を変えるきっかけになります。捉え方、見方でいかようにもなります。そしてそれからどうするかなのですが・・・

藤井絞に関して言えば、今年大きく2つの変化があります。まず1つ目ですが、年度末の3月末をもちまして、父である会長が完全に引退します。それに伴い、社長である私の仕事の内容や方法を変えていく必要が出てきました。今までのように出張する機会は少なくなる傾向になっていくと思います。ですのでこれからは、今まで以上に社員が働きやすい環境作りをすることと、そして商品がお客様に伝わりやすい方法を模索し、販売がスムーズにいく後方支援が大きな仕事の柱になります。その為、あまりしていない動画配信には挑戦したいなと考えています。2つ目は、新卒の女性社員が入ってきます。御縁があり、年末に急遽決めたのですが、藤井絞の新しいカラーになるおもしろい人材だと期待しています。若いこと、知らないことを武器として、藤井絞を盛り上げていって欲しいと思います。新人ブログなども出来ればと思っていますので、楽しみにしておいて下さい。動画やブログを通じ、昨年のスローガンであった『ブランディング』をもっと推し進めることが、藤井絞の進化に繋がるのではないでしょうか。

あと、毎年のように書いている事なのですが、絞り職人の育成に取り組みたいと考えています。実は昨年、長い間弊社の仕事をして下さってた職人さんが数名、ご高齢の為に廃業されました。ついに来たかという現実と、もう出来ない技術があることの無念さを痛感した1年でした。今年はその轍を踏まないよう、技術継承に取り掛かる年にしないとなりません。現状、もう間に合わない時期に差し掛かってきています。そこを打開し『京鹿の子絞り』の未来を創る足掛かりの1年としたいと考えています。その為には仕事に魅力を感じてもらい、且つ生計が成り立つ仕組み作りが急務です。昨年発表しました木綿のきものや、従来からの浴衣の仕事をきっかけとし、たくさん仕事をしてもらえる環境を整えること。数をこなすことで仕事を覚え、それを絹に展開していく流れです。京鹿の子絞りの真髄は、あくまでも絹に施す技法ですので、最終そこへたどり着く過程の仕事をたくさん創ることが、新しい職人さんを育てる土壌になると考えています。正絹のきもの→浴衣や木綿のきものは、単に高いものから安いものを作るということだけでなく、新しい市場を創造し、沢山の仕事を創り、新しい職人さんを育てることにも繋がります。近年の浴衣のヒットにより、結果そのイメージが出来上がったのですが、今年はそのチャンスを活かしたいと思っています。

最後に、近江商人の商売の教えで【三方良し】の精神、《売り手良し、買い手良し、世間良し》があるのですが、ここに《作り手良し》を加えた【四方良し】の会社にしていくことが目標です。近年のきもの業界を取り巻く状況は残念ながら良いとは言えず、特にものが無くなってきて商売が成り立たない時代に差し掛かっています。ですので、作り手がもっともっと重宝される時代に必ずなります。その為、様々な業態が変化していきます。職人、メーカー、流通、小売、立場は違えども、一緒になったり、協業したり、統合したり、変化は日々起こっています。自分の会社はどう生きていくのか、しっかり考え決断し、変化を進化へ変える取組みがより大切になっていくでしょう。作り手を大切にし、わかりやすい流通形態にしていく時代にせざるを得ません。【変化を進化へ】していくことこそが、藤井絞の生命線になる大事な1年になります。

今年はどのような年になるでしょうか。私は亥年の年男なのですが、年齢上『猪突猛進』で進める最後の廻り年になると思います。ですので、なんとか良い年にすべく頑張る所存です。

今年もご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

藤井絞株式会社   藤井 浩一

 

東京初市・東京浴衣展のご案内

「藤井絞」2019年のスタートは、毎年恒例となりました『東京初市』からとなります。そして初市終わった翌日より、初市と同じ建物内の1階にて『東京浴衣展』を開催致します。その後、翌週の東京浴衣ウィークに合わせ、東京支店にて『浴衣展』を引き続き行います。全国のきもの業界の皆様のお越しを心よりお待ちしています。

東京初市
1月8日(火)、9日(水) 日本橋富沢町【綿商会館】4階 0336647342 出展品目 絹、木綿のきものや帯 他

東京初市合同展の案内状

東京初市合同展の案内状

東京浴衣展
前半
1月10日(木)、11日(金)、12日(土) 日本橋富沢町 【綿商会館】 1階 0336622251 出展品目 浴衣、帯、日傘、木綿 他
後半
1月15日(火)、16日(水) 日本橋本町・藤井絞東京支店 0336674480 出展品目 浴衣、帯、日傘、木綿 他

東京浴衣展案内状

東京浴衣展案内状

※ 綿商会館で開催致します『東京浴衣展』に関してですが、基本的にきもの業界関係者様向けなのですが、呉服店様・百貨店様・呉服関係者様のご紹介の消費者のお客様にも直接ご覧頂ければと考えております。ご来場をお考えのお客様は、それぞれお取引のある方とご相談の上、メッセージにて来店日時をお知らせ下さいませ。注意事項ですが、弊社はあくまでも卸売業ですので、小売販売は致しません。ですので必ずどちらかの呉服店様を通してのご紹介、ご購入となります。ご理解の上、ご来場のご検討をどうぞよろしくお願い致します。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。旧年中はたいへんお世話になりありがとうございました。今年も変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

平成31年 元旦   藤井絞株式会社  藤井 浩一

2019年藤井絞年賀状

2019年藤井絞年賀状

2018年を振り返って

藤井絞は先週12月21日をもちまして、今年の業務を終了致しました。随分遅くの締めのブログとなり心苦しい限りです。ブログを書くのも年始以来と、ここ数年はHPよりもFacebookでの発信に重心を置いていますことをお許し下さいませ。

さて、藤井絞の2018年の目標は「ブランディング」でした。ブランディングに、より注力した1年間を目指しました。何をしてきたかなと振り返りますと、昨年のデザイン公募から生まれました藤井絞の製作する『59kimono 』は新しい取組でした。消費者の方々が着たいデザインを描き、人気投票で作るものが決まるという、たくさんの方々を巻き込んだ外に向けた働きかけは、今までにないプロモーションでした。結果『59kimono 』がよく知られる一役を担うことになり、そしてたいへんご好評を頂き、ご注文も今までで1番多かったです。

次に5月に開催されました『東京キモノショー』にて、藤井絞初のファッションショーを行いました。モデルは一般消費者の皆様にお願いし、ご自分の好きな藤井絞の浴衣や着物、帯でご登場頂く能動的参加型システムを取りました。多くの藤井絞ファンにお集まり頂き、また様々な藤井絞を実際にご覧頂くきっかけとなりました。概ね好評でしたので、来年の『東京キモノショー』でも行う予定です。

また新しい取組としましては『木綿のきもの』を作ったこともありました。そしてそれをきもの業界への発表より先に、秋に開催されました『きものサローネ』で消費者の方々に向け発表致しました。木綿に見えない素材感で、一反からオリジナルを染められるという特徴で、たいへん好評でした。今後はシリーズ化をして絹ではできない小回りのきく商品を目指したいと思っています。どこかでご覧になる機会がございましたら、是非お手にとってみて下さい。

最後に1番大きな取組だったのは、藤井絞のinstagramを始めたことです。今年の1月初旬から新入社員に任せて投稿をお願いしました。商品や工程を覚えたり、季節感を考えたり、言葉や文章が万人に伝わるように書くことは、彼にとってものすごくプラスになったのではないでしょうか。ご覧頂いている方もいらっしゃると思いますが、着眼点がなかなかで、手前味噌ですがよく考えた良い投稿が多く、藤井絞のアピールに大きく貢献しました。中でも、男物浴衣と、折りたたみ日傘の投稿は消費者からの問合せがたいへん多く、実際によく販売に繋がりました。instagramからの動きは、今までには無かったものが多く、結果がすぐに出る新しいツールとなりました。

ここまで書いてきて思うことは、どれも消費者の皆様に対する事例が多く、その為のブランディングであったという1年でした。藤井絞のSNS→消費者が見る→きもの業者に伝える→藤井絞に商品の確認(ここまでは情報の流れ)、(ここからは商品の流れ)藤井絞→きもの業者→消費者という新しい流れがより顕著になりました。これは狙っていたことで、結果、良い方向に進みました。希望小売価格を定めていることもこの流れを作る大きな要素でした。何回も申し上げたり書いておりますが、弊社は小売業をやっておりません。藤井絞の商品はきもの業者の皆様を通じて、消費者の方々への販売となります。その流れがよりスムーズになることが「ブランディング」の大きな目的なのです。その目的は少しずつですが、前に進んでいる実感を得た1年でした。藤井絞のinstagram、是非のフォローをよろしくお願い致します。 kyoto_fujiishibori

私にとりましては、京都に来て、会社に入って20年、そして社長になって10年の節目の年でした。振り返りますと良い事、そうでない事が交錯する少し難しい年だったと思います。来年は年男ですし『猪突猛進』が出来る最後の廻り年かなと感じております。やはり挑戦無くして新しいことは生まれませんし、良くなる要素が少ないことも否めません。いろいろと新しい取組の中から支持されるものが出てくると思いますので、多動的にどんどん進めていくつもりでおります。

最後になりましたが、今年もたいへんお世話になり、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。来年もより一層のご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。それでは皆様、どうぞよいお年をお迎え下さいませ。

藤井絞株式会社  藤井 浩一

 

 

 

 

2018年度【5-9kimono】解禁

藤井絞「Blue circus」

藤井絞「Blue circus」

藤井絞が設立当初から参画しております【59kimono】プロジェクト。5月から9月まで着られる“綿麻きもの”というジャンルを確立した59kimono、今年もいよいよ解禁です!
元々は「つくる人(メーカー)・売る人(取扱店)・着る人」の3者で立ち上がったプロジェクト。着る人の声を受け止めたもの作りをしようという意気込みからのスタートでした。7年目の今年はいままで以上に59kimonoらしさを全面に押し出したラインナップで、デザインを一般公募し藤井絞が手掛け商品化したアイテムが登場しました。その名も「Blue circus」と「Wisteria」。たくさんの応募の中から人気、柄、技法を考慮して選ばれ製作したものです。よく考えられた素敵な柄を染める生地を弊社オリジナルの『備長炭入り綿麻』を59kimonoで初めて使用し、柄、色、素材をとことんまで突き詰めました。その為、解禁になる前から問合せが殺到しています。いよいよ本日4月5日解禁です!詳細や取扱店はこちらです。http://59kimono.com/ 弊社のもの以外の商品もたいへんクオリティーの高いものになっています。是非手にされて下さい。どうぞよろしくお願い致します。